SHURE BETA 58A-X
キャンディーレッド&ブラック


mic53

今回はこちらのSHURE BETA58Aを赤と黒の2トーンカラーでご依頼頂きました。

 

mic54

SHUREのマイクにはグリル部分に傷防止のゴムリングが付いている物がありますが、色が合わないのでこちらは取り外してしまいます。

アルミ製のプレートは無理に剥がすと曲がってしまう恐れがある為、こちらはマスキングで対応致します。

 

mic84

色の塗り分けについてはメールで伺っていますが、イメージが湧き易いようにイラストを作製する場合もあります(【標準仕上げコース】以上のコースに限ります)。

また今回なネーム(お名前)入れも承っておりますが、そちらは個人情報ですので記載は控え、代わりに当店のロゴで位置を確認して貰っています。

 

mic85

下地処理を行い、台にセットして本塗り準備が完了です。

 

mic86

グリルボールはまず最初に全体に黒を塗ります。

 

mic87

その後黒を残す部分をマスキングします。

 

standox12

キャンディーカラーの下色に使うのはSTANDOXの原色、MIX819を使います。金属感が強くメタリック粒子が粗いのが特徴です。

 

mic88

キャンディーレッドにする部分にシルバーを塗りました。

 

mic89

同じくマイク本体もシルバーで塗装します。

 

mic90

その後透過性の赤(キャンディーレッド)を塗装し、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 

mic91

網の部分も艶々です。

キャンディー塗装は通常の塗装に比べて退色し易い為、クリアーは高美観・耐UV効果・耐擦り傷性・耐薬品性などに優れた「クリスタルクリアー」を使います。

 

mic92

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、数日寝かしたら完成となります。

 

mic95

透明な赤の下には透過した光を反射するシルバーが塗ってある為、塗膜は非常に発色の良い色味を表現してくれます。これがキャンディー塗装です。

 

mic93

艶のある黒と赤の組み合わせは少々クドイ感じもしますが、小悪魔系もしくはゴシック&ロリータファッションのバンドにはとても良く似合う配色だと思います。

 

mic96

ボーカルマイクとしてはSHUREやSENNHEISERのマイクが人気ですが、こういった配色のモデルはありませんから、観客からはもちろん、同じボーカル仲間からも目立つマイクだと思います。

 

温室mic97 mic98

マイクに限らず、どの塗装も一つ一つオーダーメイドで対応しておりますので、ご希望をお聞かせいただければと思います。